ウォーターサーバーの利便性を考える

ウォーターサーバーを部屋の隅に設置しており、家族全員がそれを利用しいています。
そして、こういったものを利用していくことで、朝ごはんのスープなどを作る際には調理が楽になりましたし、飲み物を冷蔵庫から出す手間が省けているため、頻繁に利用していくことができています。
また、決められた日にボトルを送ってもらうことができていますし、予備のボトルなどもあるため、水がなくなってしまうことを防ぐことができています。
しかし、ウォーターサーバーのボトルが空になった際に、取り換えを自分で行わないといけないのですが、水が満タンに入ったボトルを持ち上げることにはかなりの力が必要なため多少苦労しています。
ですが、家族の中に力のある人がいるため、そういった場合にはお願いしています。
一人暮らし向けというよりは、家族向けのもののように感じますので、購入をする場合にはどれくらいの重さなのか持ってみたりすることも必要なように感じました。

ウォーターサーバーの空になったボトル

ウォーターサーバーは、いまや、さまざまなメーカーが独自の商品を展開していますね。
ミネラルウォーターのボトルにも、大きく分けて2種類のものがあります。
一つは、使い捨てタイプのものです。
こちらは、空になると、ペットボトルのようにかさを低くして、資源としてリサイクルすることができるものです。
もう一つは、空になったボトルを回収してもらうタイプのものです。
こちらは、新しいボトルが届いた際に回収してもらいます。
そして、ボトル内を徹底洗浄した後、また新しいミネラルウォーターを入れて商品となります。
ウォーターサーバーのボトル内は、元々衛生状態が良いですが、それをさらに殺菌洗浄されるわけですから、どちらも、衛生面には問題がありませんね。
そして、どちらもかたちはちがいますがエコです。
資源ごみを出しに行くのに手間がかかる、しばらく家に空のボトルを置いておくのでかさばる、という少々のデメリットもありますが、それ以外はどちらも人にも環境にも優しいつくりになっています。